ダブルスクール制度

ダブルスクール制度の採用

本校はキャリア支援として四年制大学卒業・学士の学位を取得できる「ダブルスクール制度」を採用しております。

ダブルスクール制度とは

  1. 専門学校生・大学生と両方の学籍を持ち、入学と同時に両方の学修が始まります。
  2. 学修期間は専門学校(3年)と大学(4年)のダブルで学修し、専門学校卒業後、看護師として就業しながら大学4年生の学修を行います。 大学の所定の単位修得で学士が取得できる制度です。
  3. 専門学校の学修は全員行いますが、大学への入学は希望者のみです。

ダブルスクール制度を採用する理由

看護師の仕事は生涯にわたってキャリアアップが必要な仕事です。 専門看護師(看護の分野は幅広く、スタンダードな看護と専門分野に分かれます)は大学院で教育が行われています。
また、助産師、保健師も将来の方向性として、大学院で教育が行われるようになる可能性があります。
多くの大学院は学士(大学卒業)の学位を取得していないと入学資格がありません。( 大学院によっては所定の臨床経験を受験資格にしているところもあります)
本校は、学生の将来を見通し、希望する学生に門戸を開きます。

ダブルスクールで期待される学修内容

専門学校の学修は主に看護の専門的な内容です。看護師国家試験を合格するための学修が基本になります。
しかし、一方では看護は全人間的な職業であり、人間としての力量が求められます。3年間の専門学校ではその時間的ゆとりが持てない現状があります。
そこで、大学の4年間では主として教養科目や心理系・医療系科目を学び、幅広い人間性を育むことが期待されます。
また、専門学校の学習内容と大学での学習内容は互いに関係し合い、より深く内容の理解ができます。

大学名は人間総合科学大学(通信制)

人間総合科学大学は、こころ・からだ・文化の3つの領域から人間の本質を理解する学問を提供している大学です。
人間理解を基盤とする看護学との結びつきが深く、教養を深めると同時に専門学校の学修にも役立てることができます。

ダブルスクールの学修

専門学校の修得単位最大60単位を大学の修得単位と互換します。
残り64単位を大学の授業で履修します。大学の授業のレポート提出やスクーリング授業の視聴はインターネット上で行われます。

ダブルスクール修了者の資格

人間総合科学大学を卒業すると学士(人間科学)が授与されます。また専門学校修了後に大学で必要な単位を修得することで学士(看護学)を取得する道も開かれます。(大学評価学位授与機構に申請します)

ダブルスクール(大学入学)の試験・学費

人間総合科学大学の入学試験は書類選考です。学費は年間220,000円となります。(1年次)

本校は人間総合科学大学の教育交流校です。教育交流校からの入学生は、弊修奨励金が給付されます。

本校の中にキャリア支援部門を設置

ダブルスクール受講や、その他就職や進学のご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。
上記説明内容は平成26年4月現在のものです。

ダブルスクール制度の詳細はコチラ PDF