安房医療福祉専門学校校歌

太陽の花

作詞家の友利歩未氏、ミュージシャンとしても活躍している亀田メディカルセンター亀田秀次歯科センター長の作曲により、南房総の自然と学生のみなさまの夢を表現した、素敵な校歌になりました。

同じ志を持つ仲間と共に人々の幸福に貢献できる看護師をめざし、時には泣き、時には喜び時には憂い、それでも皆で歩んでいく。
その先にはきっと大きな虹が輝くでしょう。
学生のみなさま、校歌と一緒に未来へ向かって「太陽の花」を咲かせましょう。

太陽の花

作詞 友利歩未  作曲 亀田秀次

遥か未来に 思いを馳(は)せれば

変わらない笑顔が そこに咲いてた

流した涙も 時が連れ去り

心の大空に 虹が広がる

青い空よ 海よ 仲間の声がする

ともに咲かせよう 太陽の花を

今日の終わりを 包む夕陽に

赤く染められてく 町を見ていた

守りたいものが ここにあるから

愛するひとが今 ここに居るから

夢を叶えて行く 潮風(かぜ)を感じながら

あしたへ 咲かせよう 太陽の花を

青い空よ 海よ 降りそそぐ光よ

大きく 咲かせよう 太陽の花を

校歌音源のダウンロードはコチラ

「太陽の花」を収録したCDが発売されました >>>