キャンパスライフレポート

在校生の声

鈴木 恵利菜さん2期生

安房医療福祉専門学校 在校生の声

出身千葉県南房総市 / 千葉県立千葉大宮高校 卒

どもがいるので悩みましたが、 一歩踏み出してみなければ何も変わりません。
看護師になりたいという強い気持ちとやる気があればできると思います!

本校を選んだ理由学生になる前は病院に勤務していました。たくさんの患者様にケアをさせていただいているうちに、看護師になり、今まで以上に看護に携わりたいと思うようになりました。
結婚し、子どもがいるので始めの一歩を踏み出すまでには時聞がかかりましたが、家庭と勉強を両立し3年間通うことのできる学校を探していた時に自宅の近くに開校することを知りました。
社会人・主婦の再チャレンジやキャリアアップをサポートしてくれる体制に魅力を感じ受験しました。

今、一番力を入れていることこれから始まる約半年間の実習に向けて、 勉強と身体のコンディションを整えることです。知識と技術がなければ看護は行えません。また、自分の健康管理ができなければ患者様に最良の看護を提供することはできません。
実習が終わるとすぐに国家試験が待っています。国家試験の合格に向けて今、自分にできることを一生懸命こなしていきたいと思います。

将来の夢誰一人同じ人間はいません。同じ疾病を抱えていてもそれぞれ患者様のニーズは異なります。患者様の個別性に着目し、よりよい看護を提供できるようになりたいです。

本校を目指す方へ一度社会にでるともう一度学生になり再チャレンジするにはとても勇気が必要だと思います。
私も子どものことがとても心配で悩みましたが、サポートしてくれる家族のおかげでここまでこれました。
一歩踏み出してみなければ何も変わりません。看護師になりたいという強い気持ちとやる気があればできると思います!

古谷 優樹さん3期生

安房医療福祉専門学校 在校生の声

出身千葉県南房総市 / 千葉県立館山総合高等学校 卒

しも勉強や環境に対して不安を想像しているのであれば、逆に夢がかなった姿も想像できると私は思います。

本校を選んだ理由社会人の方向転換を全力でサポートしてくれる校風であり奨学金も充実しています。
また、「学生」を顧客と位置づけ教職員とイコールパートナーシップの関係であり双方が対等に学校運営、学びの品質を向上させていくといったスタンスをとることで、一方的に学生が授業を受けるのではなく、互いが学校のソフト面、ハード面を高品質にするために協議を重ね継続的に改善を行うなど教育の質の向上を目標とし作り上げていく校風に強く惹かれました。

今、一番力を入れていることやはり、勉強です。解剖・生理学といった体の構造を理解していることはもちろん、精神・心理的な面もしっかりと理解していなければなりません、「わからない」や「知らない」では患者様に対し技術を提供することはできないと考えています。
テストの為の勉強ではなく将来受け持つ患者様の為に勉強に励み、提供する手技には責任と覚悟をしっかりと持つことが看護には必要となるためです。

将来の夢患者様にあった最大限の生活を送れるよう、根拠に基づいた技術をもって支援することのできる最も身近であり、療養のすべてを頼れる存在になり、患者様の「本当はね・・・」という声を耳だけではなく心で聴くことのできる看護師になることが目標です。

本校を目指す方へ本校は特徴として社会人が多く、男性の割合もクラスの4分の1と少なくはありません。
クラスは性別年齢などにこだわることの無く、互いを尊重・尊敬しあえる人間関係であり、学校全体の雰囲気も和気藹々としています。
一貫して勉強に集中という訳ではなく時に笑い、時に励まし支えあえる大切な仲間に出逢えただけでなく、専門的な知識と高度な技術を兼ね備えた優しい先生たちの力強いバックアップに支えられています。看護師になりたい!という強い「夢」があるならばその夢を叶えるための環境が揃った学校だと断言できます。
何事もアクションを起こさなければ始まりません。もしも勉強や環境に対して不安を想像しているのであれば、逆に夢がかなった姿も想像できると私は思います。物事は自分次第で変化させることができます!

千葉 紗稀さん2期生

安房医療福祉専門学校 在校生の声

出身宮城県気仙沼市 / 宮城県立気仙沼西高等学校 卒

私は学生寮を利用しています。初めは、慣れない環境、難しい分野の勉強と大変なこともありましたが、クラスの仲間と教えあったり一緒に考えたりしながら楽しい学校生活を送れています。
寮には食堂もあるので、テスト前になるとみんなで集まり勉強をしています。皆ががんばる姿に刺激され自分も頑張ろうと背中を押されています。
3年生になると臨床実習が始まります。不安もたくさんありますが支え合える仲間や相談に乗ってくださる先生方がいるので、充実した実習となるよう頑張っていこうと思います。

黒川 樹さん2期生

安房医療福祉専門学校 在校生の声

出身出身 千葉県南房総市 / 安房拓心高等学校卒業 卒

現在3年生になり国家試験模試や実習に備えての事前学習を行いながら日々を過ごしています。
学年を追うごとに専門的な知識、物事をより深く柔軟に考える思考が求められてきます。
慣れていないことに皆が悪戦苦闘しています。確かに大変!大変ではありますが自分が確実に成長していると感じることは何事にも代え難い充実感があります。
安房医療福祉専門学校は国家試験の対策に力を入れてくれる学校です。
1年生の時から定期的に国家試験模試を行っています。少人数制度であり個々人の苦手分野、得意分野を先生方が確実に押さえてくれることで学生に合わせた個別的な教育をしてくれます。

八代 朋紀さん3期生

安房医療福祉専門学校 在校生の声

出身千葉県南房総市 / 千葉県立安房拓心高等学校 卒

本校は年齢・出身地・社会経験が様々で、日々の講義や演習のみならず、社会的な面でも多くのことを学んでいます。
講義では、高校の授業と違いとても苦労しました。今ではお互いに学び合える仲間もでき、切磋琢磨しています。
学校生活では、先生や先輩方からわからないところを教えて頂いたり、相談にのってくださいます。
また、運営会議やボイスボックスなど生徒の意見を積極的に取り入れて頂き、とても学びやすい環境が整っています。

寺本 奈央さん3期生

安房医療福祉専門学校 在校生の声

出身出身 千葉県安房郡鋸南町 / 館山総合高等学校卒 卒

社会人として働いてからの入学だったため、学業についていくことができるのかなど、とても不安でしたが同じ志を持った仲間がいてくれるおかげで刺激を受け、そして充実した学校生 活を送ることができています。
限られた時間の中で、たくさんのことを学ぶのは容易なことではないですが、学びやすい環境、そして先生方が丁寧なご指導をしてくださるので看護師に必要な知識や技術を身に着けていくことができています。

明石 美穂さん3期生

安房医療福祉専門学校 在校生の声

出身千葉県館山市 / 千葉県立安房高等学校 卒

ダブルスクール制度は大卒資格を目指すことができ、他の専門学校にはない大きな魅力です。
大学の勉強は看護と結びつきのあるものから、ないものまで幅広く学ぶことができるため多くの知識や興味が得られます。
また、計画的に学習をすることで学習習慣を身につけることができました。
大学と専門学校の勉強の両立は大変だとは思いますが、ダブルスクールも先生方がサポートしてくれるので安心です。

佐久間 一輝さん2期生

安房医療福祉専門学校 在校生の声

出身千葉県館山市 / 千葉県立安房高等学校 卒

ダブルスクール制度はこの学校にしかない!他の学校にはない!ということからこの制度を利用しました。
これは大きな魅力でもあり、自分の自信にもつながるものだと思います。
平日は学校の勉強に熱心に取り組み、土日や長期休日などの休みの日を使い進めています。
履修時は自分の興味のあるものや、これいいかも?面白そう!と思ったものを組むことができるため、意欲が湧きます。
知識・興味・関心の幅を広げたい、キャリアアップを目指したい方は是非ともこの際利用してみてはいかがでしょうか。