キャンパスライフレポート

在校生の声

長谷川 真美さん1期生

安房医療福祉専門学校 在校生の声

出身大阪府堺市 / 大阪府立登美丘高等学校 卒

いて笑って、一緒に必死になれる仲間がこの学校にはいます。
一度きりの人生。あなたも是非、一歩を踏み出してみませんか?

本校を選んだ理由学生時代に看護師を目指して勉強していたのですが、諸事情により就職することを選択しました。 しかし、結婚して子育てをしても、ふと思い出すのは幼い頃の夢。
そんな時、既に移住していた館山の広報誌で見かけた安房医療福祉専門学校開校の知らせ。運命だと思いました。
家から近いという事、一期生ということ、魅力はたくさんありましたが、決定打はオープンキャンパスの個別ブースで、先生方が親身になって質疑応答してくださり、不安を解消できたことです。

今イチバン力を入れていること私たち1期生は、最終課程である三年生になります。病棟実習に向けて根拠を持ち、安全・安楽な看護を提供できるように、今までの座学・実技の振り返りと、病態生理の勉強は欠かせません。また、看護師国家試験に向けて毎月最低1回は模試も行っています。

将来の夢初心を忘れず、どんな時も患者様の目線に立って物事を考えられる看護師になりたいと思います。
知識や技術を磨くことは勿論ですが、やはり「看護」とは文字通り、手と目でケアするものだと強く感じます。
手と目に心を込めてこそ、個別性のある看護が提供できるのではないかと考えます。その為にも、まずは国家試験全員合格!

本校を目指す方へ他の看護専門学校よりも社会人が多いことが特色の一つですが、楽しい時には騒がしいほど笑い合い、辛いときには励まし合い、どんな時も一歩ずつ着実に進んでいく。年齢差を感じさせない仲の良さが自慢です。
泣いて笑って、一緒に必死になれる仲間がこの学校にはいます。一度きりの人生。あなたも是非、一歩を踏み出してみませんか?

新井 久美子さん2期生

安房医療福祉専門学校 在校生の声

出身千葉県館山市 / 千葉県立安房南高等学校 卒

つまでもチャレンジする心を忘れずに在りたい。 あの時、勇気を出してチャレンジして本当に良かった。

本校を選んだ理由長年地元を離れていましたが、館山に戻って来た時に、人の役に立てる、そして、地域に貢献できる様な仕事に就けたらいいなと考えていました。
そんな時にこの学校が新しくできる事を知り、オープンキャンパスに参加し、在校生と交流する機会や、新しく充実した設備と教育環境を見学しました。年齢よりも人生経験を尊重するという校風に勇気が沸き、チャレンジする事を決めました。

今イチバン力を入れていることまずは、やはり勉強です。自分の子供でもおかしくないような若い人たちに混じって勉強する・・・試練です(笑)。
でも、この歳だからこそ、学ぶ楽しさ、面白さをつくづく感じています。
世代を超えていつも助けてくれる仲間たちには本当に感謝しています。今、ここでこうして支えあえる仲間たちと出逢えたこと、それをこの三年間で大切に大切に育てていきたいと思っています。

将来の夢看護師として“プロフェッショナル”になることです。そして、いつまでもチャレンジする心を忘れずに在りたい。
看護師という仕事に誇りと責任を持てるようになる為に、知力・体力・精神力をこの三年間で養って行きたいと思います。

本校を目指す方へ私がこの学校を受験した時は39歳でした。合格するまでは、体力・知力ともに、この歳で本当に出来るのか、金銭的にやっていけるのか、不安でいっぱいでした。
しかし、案ずるより産むが易し!今では勇気を出してチャレンジして本当に良かった!!と思っています。
奨学金制度も充実していますし、頭と体はやる気でカバー…できる!と信じています!
日々、看護を学ぶなかで、看護とは全く関係のなかった自分の人生経験が、必ず看護に活かされると、人生において無駄なことはひとつもないのだ!と、感じています。
もし私と同じ様に年齢で悩んでいる方がいたら、ぜひチャレンジして頂きたいです!
様々なことにチャレンジできる環境がこの学校にはあります。

堀川 千景さん1期生

安房医療福祉専門学校 在校生の声

出身千葉県南房総市 / 千葉県立長狭高等学校 卒

3年生になると約半年間の臨床実習が始まります。楽しみと不安な気持ちが半々ではありますが、充実した実習を送れるように練習を重ねていきたいと思っています。
職歴、年齢、出身地など様々な学生がいます。日々、刺激があり、充実した学生生活を過ごしています。
オシャレでキレイな校舎もおススメですが、学生から学校側に意見を出せるボイスボックスや学生代表も参加する学校運営会議が行われるなど、生徒の声や意見が届きやすい学校です。

前城 貴洋さん1期生

安房医療福祉専門学校 在校生の声

出身沖縄県うるま市 / 沖縄県立具志川商業高等学校 卒

高校で勉強してきたことよりも難しくなり、最初は授業についていくことで必死でしたが、今は授業にも慣れ、来年の国家試験や実習に向けて、時間を有効に使うことが大事になってきています。 同じクラスにお手本となる人がたくさん居るので、置いていかれないように頑張りたいです。
社会人を経て入学した方、現役からの入学者もお互いが刺激になっていると思います。
2年次のハワイ研修では、現地の病院見学だけで無く、自由時間もたくさんあり、観光やダイビング、サーフィンも楽しむことが出来ました。

小原 里沙さん1期生

安房医療福祉専門学校 在校生の声

出身千葉県館山市 / 千葉県立安房高等学校 卒

看護師になるという夢をぜひ地元で叶えたいという気持ちが芽生え、この学校を選びました。
様々な視点から看護を学びたいと思い、学校の特色の一つであるダブルスクール制度を利用し、専門学校の勉強と並行しながら大学の勉強を行っています。
大学の勉強は自分で履修を組むので、知識だけでなく、興味・関心の幅も大きく広がりました。 勉強の両立は大変ですが、計画的に効率よく進めていくという面でも学習に対する意欲や姿勢も成長することができました。

武半 佐和さん2期生

安房医療福祉専門学校 在校生の声

出身千葉県南房総市 / 千葉県立館山総合高等学校 卒

ダブルスクール制度で四年制大学卒業・学士の学位を取得も目指しています。
平日は学校の勉強、土日や長期休日にダブルスクールの勉強と、計画を立てながら進めています。
授業料が安く、奨学金も充実していて、ダブルスクール制度を利用すると大卒資格も取得できるのもこの学校の大きな魅力です。
国家試験対策にも力を入れていて、1年生の時から定期的に国家試験模試を行っています。
国家試験もダブルスクールも先生方がサポートしてくれるので安心です。

内田 幸輝さん2期生

安房医療福祉専門学校 在校生の声

出身千葉県木更津市 / 千葉県立袖ヶ浦高等学校 卒

学生寮を利用しています。男子という点や初めて親元を離れての生活に入学前は不安もありましたが、学校も寮も出身や世代が違う仲間がいて、すぐに打ち解ける事ができましたし、毎日刺激になっています。
寮生活はみんなで食事をしたり、時には寮の駐車場でキャッチボールなどして、気分転換もしています。
設備も充実していて、先生方も丁寧に指導してくださるので、看護師としてのスキルを充分に身に着けることができます。

池田 優奈さん2期生

安房医療福祉専門学校 在校生の声

出身千葉県南房総市 / 千葉県立館山総合高等学校 卒

授業料が他校に比べて安い点や少人数制教育という点に魅力を感じ、入学しました。
入学して、以前の勉強方法では意味が無いことを実感しました。理解をして覚えることを忘れず、勉強を習慣付けることを心がけています。
時には授業が無い土曜日も学校に来て、勉強を教えあったり、みんなで実技の練習をしたり、ここには志の高い仲間がたくさんいます。また、その環境が整っています。
少人数制度なので、先生や先輩にもいろいろな事を気軽に相談できる環境です。