ページの先頭です

訓練火災発生!

2019年6月26日(水) 

火災を想定した防災訓練を実施しました。

1階の給湯器付近からの発火想定により、火災報知機が反応し、館内のベルが鼓動しました。

職員は、各役割に添い行動を開始。初期消火担当は、火災発報区域を確認し、「訓練火災発生」と大きな声で注意を呼びかけ、すぐに初期消火を開始しました。

同時に、トランシーバーを携行した職員が避難誘導・逃げ遅れ確認の準備に向かいます。1階の誘導担当からは、発火場所と初期消火の状況報告が入ります。その情報を基に館内放送にて発報箇所と避難場所のアナウンス、119番通報を行いました。

看護専門学校

避難先の中庭に学生が集合し、クラスの代表者を中心に人数確認を行います。1年生にとってははじめての避難訓練でしたがしっかりと報告も完了しました。

  • 看護専門学校

その後、防災機器会社御担当者より、消火器の使用方法・消火栓の使用方法のレクチャーを受け、実際に練習を行いました。周囲に大きな声で火災が起きていることを知らせるなど恥ずかしがらずにしっかり練習できていました。

  • 看護専門学校

全学年合同の訓練終了時、学生へ向け水谷学校長より講評として、「まずは自分の身を守ること、それから火災への対処をすること。訓練を通してそれらを再認識するとともに看護学生として学んでいきましょう」と訓練への前向きな姿勢に参加者全員で拍手をもって終了いたしました。

また1年生は、第2部として3階に設置された避難器具の説明を受けました。実際に防災会社担当者の方が3階から避難器具を使用しての避難を実演。驚きの声でつつまれた図書室。実際に見たことで避難器具を使用する最終手段に至らぬよう日常からの防火対応や119番通報の大切さを再確認した時間でした。

看護学生にとっては、年2回の防災訓練を通すことで知識や体験力を向上する機会です。卒業後は、受身の立場から看護師として主導の立場へと変わっていくことを皆で再認識しました。

  1. HOME
  2. 訓練火災発生!
入学資料・願書請求
学校見学 受付中!

Event Report

安房医療福祉専門学校で行われるイベントをご紹介します。